• 塩基
    • プリン塩基
      • アデニン
      • グアニン
    • ピリミジン塩基
      • シトシン
      • ウラシル
      • チミン

 

  • 細菌
  • ウイルス
    • DNAウイルス 
      •  ヘルペスウイルス属
        • 単純ヘルペスウイルス
        • 水痘・帯状瘤疹ウイルス
        • サイトメガロウイルス
        • EB(エプスタイン-バー)ウイルス
      • アデノウイルス
      • 痘瘡ウイルス
      • B型肝炎ウイルス(HBV)
    • RNAウイルス

 

ウイルスや細菌に対する免疫機構、それぞれ違う?

 

  • 抗生物質:感染症の治療に
  • ワクチン(生ワクチン、不活化ワクチン):感染予防に
    • トキソイド:ワクチンではない場合も。病原体の産生する毒素を抽出し、無害なレベルまで薄めたものを接種し、その毒素に体を慣らす
    • γ-グロブリン:ワクチンではないが、感染直後に投与するとウイルスを中和できる

 

  • エンテロトキシン:細菌が外に放出する毒素の総称。

 

外毒素産生菌

生体

尿の生成

 

  • アミノ酸
    • 中性アミノ酸
      • グリシン
      • アルキル側鎖をもつ
        • アラニン
        • バリン
        • ロイシン:ケト原性アミノ酸
        • イソロイシン
      • OH基をもつ
        • セリン
        • スレオニン(トレオニン)
      • 芳香族アミノ酸
      • Sを含む
        • システイン
        • メチオニン
      • イミノ酸
        • プロリン
      • 酸アミド
        • アスパラギン
        • グルタミン
    • 酸性アミノ酸
      • アスパラギン酸
      • グルタミン酸
    • 塩基性アミノ酸
      • リシン
      • アルギニン
      • ヒスチジン:ヒスタミンの原料
    • OH基をもつアミノ酸:タンパク質リン酸化酵素によりリン酸化される
      • セリン
      • スレオニン
      • チロシン

 

  • ビタミン

 

  • 核酸
    • ヌクレオチドの合成
      • サルベージ経路
      • de novo経路

 

  • ホルモン
    • 視床下部ホルモン
      • TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)
      • CRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)
      • Gn-RH=LH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)
      • GH-RH(成長ホルモン放出ホルモン)
      • GH-RIH(成長ホルモン放出抑制ホルモン)
      • PRH(プロラクチン放出ホルモン)
      • PRIH(プロラクチン放出抑制ホルモン)
    •  脳下垂体ホルモン
      • 前葉から分泌
        • TSH(甲状腺刺激ホルモン)
        • ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)
        • FSH(卵胞刺激ホルモン)
        • LH(黄体形成ホルモン)
        • GH(成長ホルモン)
        • プロラクチン:乳汁分泌↑
      • 後葉から分泌
        • オキシトシン
        • バソプレシン:抗利尿
    • 甲状腺ホルモン
      • トリヨードチロニン
      • チロキシン
      • カルシトニン:血中Ca2+濃度↓
    • 副甲状腺(上皮小体)ホルモン
      • パラトルモン
    • 膵臓ランゲルハンス島
      • α細胞:グルカゴン
      • β細胞:インスリン
      • δ細胞:ソマトスタチン
    •  ステロイドホルモン
      • 副腎皮質ホルモン
        • 鉱質コルチコイド:アルドステロン
        • 糖質コルチコイド:ストレスホルモンとも
        • 男性ホルモン
      • 性ホルモン
        • エストロゲン
        • 黄体ホルモン
          • プロゲステロン
    • 子宮絨毛
      • hCG:ヒト絨毛性ゴナドトロピン・・・初期の妊娠確認に(尿中に高濃度)

 

  • オータコイド
    • ヒスタミン
    • セロトニン
    • ブラジキニン:
      • 炎症性オータコイド 
      • 血管透過性亢進→炎症
      • 血管拡張
      • 血管以外の平滑筋は収縮(気管支平滑筋、腸管平滑筋)
      • 発痛作用

 

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系

 

  • 遺伝子解析法
    • DNA増幅
      • PCR法
      • クローニング法
    • DNA塩基配列の決定法
      • マクサム・ギルバード法
      • ジオキシ法(サンガー法)
    • ハイブリダイゼーション法
    • 遺伝子の検出法
      • サザンブロット:DNAの検出
      • ノーザンブロット:RNAの検出
      • ウェスタンブロット:タンパク質の検出
    • RNAi法(RNA干渉):miRNAやshRNAなどを用いてmRNAを分解し、タンパク質への翻訳を阻害

 

 

  • 抗原
  • 抗体
  • 補体
    • 溶菌作用
    • オプソニン作用
    • 遊走作用
    • ケミカルメディエーター遊離促進作用

 

  • 免疫に関わる細胞
    • 抗原提示細胞
      • マクロファージ/単球
      • 樹状細胞
    • リンパ球
      • B細胞:形質細胞(抗体産生細胞)に分化する
      • T細胞
        • ヘルパーT細胞
        • キラーT細胞
        • サプレッサーT細胞
    • 顆粒球
      • 好中球
      • 好塩基球:組織へ移行すると肥満細胞と呼ばれる
      • 好酸球

 

 

  • サイトカイン:主に白血球から放出される生理活性物質のこと
    • インターロイキン
    • インターフェロン(IFN) :抗ウイルス作用
      • タイプⅠ
        • IFN-α
        • IFN-β
      • タイプⅡ
        • IFN-γ
    • 腫瘍壊死因子(TNF)
      • TNF-α:炎症性サイトカイン
      • TNF-β

 

  • G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子):顆粒球(特に好中球)を増加させる
  • M-CSF(マクロファージコロニー刺激因子):マクロファージの分化・増殖↑
  • bFGF(塩基性繊維芽細胞増殖因子):血管内皮細胞・表皮細胞の増殖↑ → 創傷治癒↑