統合失調症は、ドパミンの過剰放出によりおこる病気である。

症状

統合失調症は、陽性症状と陰性症状と呼ばれる症状が見られる。

急性期には、主に陽性症状が見られる。

陽性症状

  • 陽性症状:イメージは「ないものがある」
    • 幻覚(幻聴)
    • 妄想
    • 思考障害 など

陽性症状は、ドパミンの過剰放出により生じる。

陰性症状

  • 陰性症状:イメージは「あるべきものがない」
    • 無関心
    • 自閉

陰性症状は、セロトニンの過剰放出が関わっている。

疫学的特徴

「統計的に、どのような人が発症しやすいのか」その特徴を以下に示す。

  • 人種・地域に関係なく人口の1%弱 (0.7~0.8%)の人が発症
  • 思春期から青年期(20代)に発症することが多い
    加齢にともなって発症率は減少する
  • 女性は、男性より高い年齢(30~40代)で発症する傾向がある
  • 片方の親が統合失調症の場合、発症リスクは12%
  • 一卵性双生児の発症リスクは47%  

原因

統合失調症になる原因として、次のようなものがある。

  • ストレス
  • 遺伝

分類

  • 破瓜型
  • 緊張型
  • 妄想型

病態生理

  • 幻覚・幻聴を伴った奇妙な妄想や思考伝播を訴える
  • 本人には、「自分が病気である」という認識がない

診断

  • シュナイダーの一級症状
  • ブロイラーの基本症状
  • DSM-V
  • ICD-10

 

治療

  • 薬物療法が中心
  • 症状の程度に応じて、同時に精神療法やリハビリテーションも実施。社会的関係性の構築を図る。
  • 自殺念慮や身体衰弱など、迅速な対応が必要な場合は、電気けいれん療法(electroconvulsive therapy:ECT)を適用する場合もある。

治療薬

第一選択薬

  • リスペリドン(SDA:セロトニン・ドパミンアンタゴニスト)
    D2受容体と5-HT2受容体の両方を遮断
    → 陽性症状と陰性症状、両方に有効

治療目標

再発を予防しながら、社会適応能力を維持・向上させ、回復を目指す。