イソニアジドは、結核の治療薬である。

代謝

イソニアジドは、主にN-アセチルトランスフェラーゼによってアセチル化され、不活化される。

N-アセチルトランスフェラーゼは人によって発現量が異なる。
これについて詳しくはコチラ→アセチル化能(RA、SA)