シクロスポリンは、免疫抑制薬という種類の薬である。

特徴

  • 薬物消失に関わる代謝酵素(CYP3A4)、薬物輸送系(P-糖タンパク質)を阻害する
    → 併用禁忌・併用注意の薬が多い
  • 真菌から抽出
  • 11アミノ酸
  • 環状

作用機序

シクロスポリンは、サイトカインの産生を低下させて免疫抑制にはたらく。

作用機序
カルシニューリンの阻害

  1. シクロスポリンは細胞内でシクロフィリンと結合し、その複合体がカルシニューリンを阻害する
  2. 転写因子であるNFATはカルシニューリンにより活性化されず、IL-2の産生が低下する

NFAT

NFATは転写因子である。

NFATは、カルシニューリンによって脱リン酸化されて活性化し、IL-2の産生を増やす。

NFAT
カルシニューリンにより活性化
→ IL-2産生↑

カルシニューリン

カルシニューリンは、NFATを脱リン酸化して活性化し、IL-2の産生を増やす。

カルシニューリン
NFATを脱リン酸化
→ NFAT活性化
→ IL-2の産生↑

代謝

シクロスポリンは、P450(CYP3A4)により代謝を受ける。そのため、CYP3A4で代謝される薬と併用するときは注意する必要がある。

禁忌

  • ロスバスタチンと併用(AUCが7倍に上昇)

副作用

  • 障害
  • 障害
  • 神経障害