レボドパは、パーキンソン病の治療薬である。

作用機序

レボドパは、脳内のL-アミノ酸デカルボキシラーゼによりドパミンになり、作用する。

ドパミンは血液脳関門を通らないため、ドパミンの前駆体であるレボドパがパーキンソン病に用いられる。