全身性エリテマトーデス(SLE)は、自分のDNAやヒストンに対する自己抗体を産生してしまう疾患である。つまり、SLEは自己免疫疾患である。

自分のDNAに対する自己抗体を抗DNA抗体、自分のヒストンに対する自己抗体を抗ヒストン抗体という。

  • 抗核抗体
    • 抗DNA抗体:自分のDNAに対する抗体
    • 抗ヒストン抗体:自分のヒストンに対する抗体

SLEでは、抗DNA抗体・抗ヒストン抗体といった抗核抗体が陽性を示す

機序

SLEでは、抗DNA抗体が産生される。この抗DNA抗体はDNAと結合し、免疫複合体を形成する。この免疫複合体は全身の組織に沈着し、全身性の炎症を起こす。

そのため、SLEはⅢ型アレルギー性疾患である。

抗DNA抗体がDNAと結合
→ 免疫複合体形成
→ この免疫複合体が全身の組織に沈着
→ 全身性の炎症